<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

オフサイドガールズ


ーお願いだから、試合を見せて!。ー


e0110110_2221433.jpg
☆cast--------------------------------------
シマ・モバラク・シャヒ
サファル・サマンダール
シャイヤステ・イラニ 

☆crew------------------------------------
監督:ジャファル・パナヒ
脚本:ジャドメヘル・ラスティン 






☆ストーリー------------------------------------

 イランの首都テヘランで、ワールドカップ出場がかかった対バーレーン戦が開催される。地元のサッカー好きの少女たちは男装してスタジアムに潜り込もうとするが、警備中の兵士に捕まってしまう。

e0110110_22222614.jpge0110110_22224045.jpg








☆感想----------------------------------------

 「チャルドと生きる」で、現代のイラン女性たちが直面している厳しい現実をリアルに描き、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞などを受賞したジャファル・パナヒ監督。その彼の新作は、第56回ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞し、男性のスポーツを女性が観戦してはいけないというイスラムの戒律下で、サッカー観戦をすべく奮闘する女の子たちを主人公にした青春ムービー。

 イランの首都テヘランで開催された、2006年のワールドカップ出場を決めるアジア最終予選イランvsバーレーン戦。そんな国を挙げての大イベントだというのに、宗教上の問題から女性は、熱気に満ちたスタジアムで試合を観戦する事ができない。でも、好きなものは好きっ!どうしてもナマで試合を観戦したい女の子たちが、スタジアムへの道を遮る検問を突破すべく考えついたのは、男装すること。髪を帽子の中に隠し、顔にペインティングを施し、なんとか女性だとバレないようにするも、あえなく捕まってしまい、歓声だけが聞こえるスタジアムの外で警備員たちと押し問答するハメに。しかし、最初こそ険悪だった彼らの間にも、やがて奇妙な連帯感が生まれ始める・・・。

 イスラム教の厳しい規律によって、男女間における格差が生じているイラン。これまでも様々な作品の中でイスラム社会に生きる女性たちの苦悩が描かれてきたが、今回パナヒ監督は、伝統的なイスラム映画でありながらも、誰もが楽しめるエンタテインメント作品を目指したという。プロパガンダ的なものではなく、ありのままのイスラム社会における女性たちの現状を描いているこの作品は、実際にイランvsバーレーン戦の最中に撮られ、勝利の歓喜に酔う街中のシーンなどは、とても臨場感溢れるものに仕上がっていた。この作品の中の女の子たちのように、古い戒律からなんとか脱したいと願う女性が、現在のイスラム社会には多く存在しているに違いない。しかし、残念ながら、厳しい検閲によって、この映画はイラン国内では上映されていないというのが現状らしい。

 重いテーマでありながらも、最後にはなんとも言えぬ幸福感が満ち溢れ、「当たり前のことを当たり前にできる社会。」それがどんなに幸せなことなのかを、気づかせてくれる爽やかな感動作。これまでイラン映画はちょっと・・・と思っていた人、食わず嫌いせずにぜひぜひどーぞ。


♪ pick up song ♪--------------------------------------------------------------------------

今回は、お休みでス。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
[PR]
by mi-ai-you-me | 2007-09-21 22:26 | ア行

恋するマドリ


ー初めての一人暮らし。偶然が運命の出逢いを運んでくれた。ー


e0110110_242222.jpg
☆cast--------------------------------------
新垣結衣
松田龍平
菊地凛子
中西学
ピエール瀧

☆crew------------------------------------
監督:大九明子
音楽:スネオヘアー





☆ストーリー------------------------------------

 1人暮らしを始めることになった美大生のユイ(新垣結衣)。やがて彼女は、もとの部屋の住人のアツコ(菊地凛子)と知り合い、上の部屋に住むタカシ(菊地凛子)に恋するようになる。だが、アツコとタカシが恋人同士だったことがわかる。

e0110110_251012.jpge0110110_253260.jpg








☆感想----------------------------------------

 ここ最近、映画やドラマでの活躍がめざましく、CMでもキュートな魅力が全開のガッキーこと新垣結衣。その彼女を主役に迎え、引っ越しをきっかけに出会った3人の若者の恋愛模様を描いた、ちょっと切なく、とても爽やかなラブストーリー。

 進学や就職の為とか、なんとなく気分転換をしてみたかったりなど、引っ越すキッカケは人によって様々。それに伴う条件もまたしかりで、とにかく安い方が良いという人もいれば、お気に入りのマドリを見つけるまで、物件探しにかなりの時間を費やす人もいる。
 
 主人公のユイが引っ越したキッカケは、一緒に暮らしていた姉とのケンカ別れ。その彼女が気になっている上の階の住人・タカシは、恋人と同棲する為に引っ越してきたものの、肝心の彼女が行方不明中。ある日、忘れ物を取りにかつて住んでいた家に訪れたユイが出会ったのは、そこに住む新らたな住人で魅力的な大人の女性・アツコ。なにやら、彼女の引っ越しもまたワケがありそうで・・・。そんなアツコに、いつしか憧れの思いを抱き始めるユイだったが、自体は思わぬ方向に。そして始まった奇妙な三角関係。果たしてその行方はいかに?

 大人になりたてのユイと、年齢的には十分大人だけどまだまだ迷いの多いタカシとアツコ。悩みが多くて忙しいことを嘆くユイに、20歳の悩みなんてすぐにたいした事ないって思える日が来るとアドバイスするアツコだったが、そんな彼女も同じセリフを35歳の自分に言ってもらいたいと願うくらい悩ましい日々を送っていたりもして、なんだかみんながみんな甘酸っぱい。それでも、「悩み」の後には「気づき」があるワケで、ラストでちょっとだけ成長したユイに、街も桜も空もにっこりで祝福。

 ストーリー自体は複雑なようでとても単純。というか、むりやりすぎる「偶然」な展開の連続で、マンガっぽい感じがしないでもなく、今が旬で演技の評価も高い役者が揃っているのに、ちょっともったいない感じがした。それでも、ガッキーは相変わらず可愛すぎ!コロコロ変わる彼女の表情を観る為だけでも十分価値はあるかも。

 インテリア雑貨のショップFranc Francの15周年記念で企画された作品というだけあって、それぞれの部屋のインテリアもみどころの一つ。特に、ユイが自分で手がけたキッチンのペイントなどは、お部屋づくりのちょっとしたヒントになったりもするから、これから引っ越しを考えてる人や、ちょっと環境を変えてみたいと思ってる人は、この映画を観て参考にしてみては?


♪ pick up song ♪--------------------------------------------------------------------------

e0110110_2105336.jpg「恋するマドリ」オリジナル・サウンドトラック
伝えてよ / スネオヘアー
 映画同様、切なく爽やかなこの曲は、映画全体の音楽も手がけたスネオヘアーによるもの。サントラも、ピアノやギターを多様したcuteな音楽が満載。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
[PR]
by mi-ai-you-me | 2007-09-02 02:15 | カ行