カテゴリ:カ行( 5 )

恋とニュースのつくり方

ー「私にはムリ」って、思ってない?ー


e0110110_11322331.jpg
☆cast--------------------------------------
レイチェル・マクアダムス
ハリソン・フォード
ダイアン・キートン
エド・ベグリー・Jr

☆crew------------------------------------
監督: ロジャー・ミッチェル
脚本: ライン・ブロッシュ・マッケンナ



☆ストーリー------------------------------------

失業中のベッキー(レイチェル・マクアダムス)はニューヨークで朝番組のプロデューサーに採用されるが、それは局に見放された超低視聴率番組だった。彼女は番組を建て直すため大御所の報道キャスター、マイク(ハリソン・フォード)を起用し、やがて同僚のアダム(パトリック・ウィルソン)と恋に落ちる。恋に仕事に順調なスタートを切ったベッキーを、思わぬ事態が待ち受けていた……。

e0110110_1137791.jpge0110110_11364963.jpg









☆感想----------------------------------------

ファッション業界を舞台に主人公の成長をスタイリッシュに描いた「プラダを着た悪魔」の脚本家アライン・ブロッシュ・マッケンナと、街の本屋と映画スターが身分違いの恋に落ちるロマンテックコメディー「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル監督がタッグを組んだ今作品は、華やかなテレビ業界を舞台に、一人の女性が仕事に恋に頑張るサクセスストーリー。
 
 地元のTV局で朝の番組を担当するベッキーは、ある日突然会社の人員整理でクビになってしまう。自分の番組を持つことが夢の彼女も気がつけば28歳。転職活動で出した履歴書は、泣かず飛ばず。。。そんな彼女の元にニューヨークから朝のニュース番組のプロデューサーとしてオファーがやってくるのだが。。。

 似たような業界に身を置かせてもらっているから分かるのだけど、華やかな世界ほど、昇りつめるまで実は結構大変。。。世の中男女平等とはいうけど、正直言えば、「だって女の子だも。」体力ないし、傷つきやすいし、仕事は大切だけど、恋だってしたいっ!欲張りなワリに、言う程強いもんじゃないから、ややこしぃ。。。寝ずの仕事や、安いお給料に揉まれて日々を過ごしても、、、いわゆる「成功」を手にできる人間はほんのわずか。普通の女子ならいろいろ迷いの出てくる年頃なんだけども、、、ベッキーはどこまでも意欲的なのです!

 いやぁ〜、「勝ち組」と言われる人たちの中には、このテの女子はたくさんいると思うんだよね。上がり調子に乗っかって、テンション高らかに〜♪みたいな。。。でも、女20代後半ともなると、「恋人ナシ。」時間を犠牲にして夢をつぎ込んだ仕事はリストラされ、、、なんて、やっぱり凹むでしょ、、、いや、その経験がある私が言うから、確かです(笑)でも、ベッキーは負けじと向かっていくんだな、これが。。。というか、もはや執念に近いその思いは、私にはちょっと理解不能なくらい。

 同じように、再起をかけて嫌々ながら番組の司会を受けたマイクも、ベッキーに負けないくらい、我が強く、扱いにくい頑固じじぃ。最初は反発し合う2人なのだけど、いつしかベッキーもマイクもお互いが反面教師となって、仕事や大切な人たちとの向き合い方について考えが変化しはじめる。

 「夢」は諦めたら終わり。でも「夢」を追っているその時間も一人一人にとっては、大切な「今」という時間。「夢」の為に何かを犠牲にするって考え方を止めて、「今」周りにいる人たちや、「今」しかできない事とちゃんと向き合えば、「夢」って、その先に着いてくるものじゃないのかなぁ〜。なんて、ラストではふとそんなことを考えさせられたり。

 恋じゃなく、お仕事がんばろー!って気持ちになれるライトでキュートな映画でした。 
 
♪ pick up song ♪--------------------------------------------------------------------------

e0110110_11394086.jpgStrip Me
Strip Me / Natasha Bedingfield
 予告編とエンディングに流れているこの曲は、イギリス出身の女性シンガー ナターシャ・ベディングフィールドの力強い1曲。代表作「Unwritten」も映画・TVなど多数作品で使用されている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
[PR]
by mi-ai-you-me | 2011-02-27 11:45 | カ行

キック・アス

ー正義の心で悪をKILLー


e0110110_1513488.jpg
☆cast--------------------------------------
アーロン・ジョンソン
クリストファー・ミンツ=プラッセ
マーク・ストロング
クロエ・モレッツ
ニコラス・ケイジ
☆crew------------------------------------
監督・脚本・製作: マシュー・ヴォーン
原作: マーク・ミラー / ジョン・S・ロミタ・Jr
製作: ブラッド・ピット / クリス・サイキエル


☆ストーリー------------------------------------

コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクで、ヒーローとして街で活動を始める。何の能力も持たない彼はあっさり犯罪者にやられるも、捨て身の活動がネット上に動画で流され、“キック・アス”の名で一躍有名になってしまう。

e0110110_1523827.jpge0110110_15232145.jpg









☆感想----------------------------------------

 倫理コードギリギリの問題作と言われているマーク・ミラーのコミックをブラット・ピットが製作に加わり映画化。『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』で若き日のジョン・レノンを演じたアーロン・ジョンソンとそのキュートさで人気急上昇のクロエ・モレッツ、このところ何でも出てる感のあるニコラス・ケイジが時に痛快に、かなりブラックに暴れ回る新感覚のヒーロームービー。

 ヒーローの裏の顔は時に真逆である。昼は人のいい新聞記者のクラーク・ケントしかり、秀才だけどみんなから舐められっぱなしのピーター・パーカーしかり。この物語の主人公デイヴも、やはり学校の中の階級でいうと、オタク友達と釣るんでる言わば、ギークな存在。でも、彼は弱いものが虐げられてる現実を見て見ぬふりをするのは嫌だ!とネットで買ったスーツとマスクで「キック・アス」と言う名のスーパーヒーローになることを決意。ただ、前者に書いた二人と大きく違っていたのは、彼は生まれもってパワーのある異星人でも、突然変異で力が備わった超人でもなかったこと。スーツとマスクで防御してはいるけど、中身はいたって普通の高校生のままっていうから、、、オイオイ。。。

 熱いハートと小手先のカンフーポーズを武器に事件現場を探しては、果敢に戦いに挑むのだけど、コテンパンにやられて、命を落とすスレスレところまでいってしまう始末。

 おまけに、同じようにコスプレで亡き妻の復讐をしているビッグ・ダディと、その娘で小学生なのにバースデープレゼントのバタフライナイフで人をわっさわっさ殺してくヒット・ガールが起こす大きな事件へと巻き込まれ、もはや後には引けぬ事態へと陥って行く。。。

 いや、なんだろ?もしかしたら、この広い世界のどこかに彼と同じような事をやってみちゃった人がいるんじゃないだろか?もしくは、今も絶えることのない悪と戦ってたり??そう思えるくらい、ものすごい親近感とチープなにおいがプンプンで、思わず、「負けるな!キック・アス!」と応援したくなっちゃうあたりは、私もそっち側の人間ってことなんだろか。。。

 突如現れ息もつかぬようなスピードで大人たちを殺しまくるヒット・ガールはめちゃめちゃキュートだけど、よく考えたら、コレまずいよねぇ。。。しかも、その教育してるのが父親って。いや、可愛いんだよ。音楽の使い方もポップで最高だし!その軽快さがコミック色丸出しだから、全然残酷でもないし、、、でも、これ学校のPTAとかからしたら、絶対見せたくない映画No1とかに選ばれるんだろな。好き嫌いの別れるブラックさであることは間違いないハズ。

 ま、とは言えね、誰かがボコボコにされていて、近くにはいっぱい人がいるのに、誰もそれを止めることもせず、携帯カメラ片手に、「〜なう。」とか、you tubeで配信とか、ちょっと異常な世の中に、こんなピュアなヒーローがいてもいいじゃない!

 そんなに難しいこと考えずに痛快に楽しんじゃおうよ!アメリカンBムービーいぇーい!ってノリで久々に腹から笑った映画でしたー。

♪ pick up song ♪--------------------------------------------------------------------------

e0110110_21553838.jpgKick-Ass Music from the Motion Picture
Bad Reputation /The Hit Girls
 ヒットガールの軽快なアクションシーンにのせて流れているのは、ジョーン・ジェットの名曲のカバー。とにかく、この音楽とクルクル動き回るヒットガールの姿がキュート!

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
[PR]
by mi-ai-you-me | 2011-02-01 15:02 | カ行

恋するマドリ


ー初めての一人暮らし。偶然が運命の出逢いを運んでくれた。ー


e0110110_242222.jpg
☆cast--------------------------------------
新垣結衣
松田龍平
菊地凛子
中西学
ピエール瀧

☆crew------------------------------------
監督:大九明子
音楽:スネオヘアー





☆ストーリー------------------------------------

 1人暮らしを始めることになった美大生のユイ(新垣結衣)。やがて彼女は、もとの部屋の住人のアツコ(菊地凛子)と知り合い、上の部屋に住むタカシ(菊地凛子)に恋するようになる。だが、アツコとタカシが恋人同士だったことがわかる。

e0110110_251012.jpge0110110_253260.jpg








☆感想----------------------------------------

 ここ最近、映画やドラマでの活躍がめざましく、CMでもキュートな魅力が全開のガッキーこと新垣結衣。その彼女を主役に迎え、引っ越しをきっかけに出会った3人の若者の恋愛模様を描いた、ちょっと切なく、とても爽やかなラブストーリー。

 進学や就職の為とか、なんとなく気分転換をしてみたかったりなど、引っ越すキッカケは人によって様々。それに伴う条件もまたしかりで、とにかく安い方が良いという人もいれば、お気に入りのマドリを見つけるまで、物件探しにかなりの時間を費やす人もいる。
 
 主人公のユイが引っ越したキッカケは、一緒に暮らしていた姉とのケンカ別れ。その彼女が気になっている上の階の住人・タカシは、恋人と同棲する為に引っ越してきたものの、肝心の彼女が行方不明中。ある日、忘れ物を取りにかつて住んでいた家に訪れたユイが出会ったのは、そこに住む新らたな住人で魅力的な大人の女性・アツコ。なにやら、彼女の引っ越しもまたワケがありそうで・・・。そんなアツコに、いつしか憧れの思いを抱き始めるユイだったが、自体は思わぬ方向に。そして始まった奇妙な三角関係。果たしてその行方はいかに?

 大人になりたてのユイと、年齢的には十分大人だけどまだまだ迷いの多いタカシとアツコ。悩みが多くて忙しいことを嘆くユイに、20歳の悩みなんてすぐにたいした事ないって思える日が来るとアドバイスするアツコだったが、そんな彼女も同じセリフを35歳の自分に言ってもらいたいと願うくらい悩ましい日々を送っていたりもして、なんだかみんながみんな甘酸っぱい。それでも、「悩み」の後には「気づき」があるワケで、ラストでちょっとだけ成長したユイに、街も桜も空もにっこりで祝福。

 ストーリー自体は複雑なようでとても単純。というか、むりやりすぎる「偶然」な展開の連続で、マンガっぽい感じがしないでもなく、今が旬で演技の評価も高い役者が揃っているのに、ちょっともったいない感じがした。それでも、ガッキーは相変わらず可愛すぎ!コロコロ変わる彼女の表情を観る為だけでも十分価値はあるかも。

 インテリア雑貨のショップFranc Francの15周年記念で企画された作品というだけあって、それぞれの部屋のインテリアもみどころの一つ。特に、ユイが自分で手がけたキッチンのペイントなどは、お部屋づくりのちょっとしたヒントになったりもするから、これから引っ越しを考えてる人や、ちょっと環境を変えてみたいと思ってる人は、この映画を観て参考にしてみては?


♪ pick up song ♪--------------------------------------------------------------------------

e0110110_2105336.jpg「恋するマドリ」オリジナル・サウンドトラック
伝えてよ / スネオヘアー
 映画同様、切なく爽やかなこの曲は、映画全体の音楽も手がけたスネオヘアーによるもの。サントラも、ピアノやギターを多様したcuteな音楽が満載。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
[PR]
by mi-ai-you-me | 2007-09-02 02:15 | カ行

恋とスフレと娘とわたし


ー恋愛、結婚、子育てーフルコースを終えた私に、
           極上のデザートが待っていた。ー



e0110110_22273542.jpg
☆cast--------------------------------------
ダイアン・キートン
マンディ・ムーア
ガブリエル・マクト
スティーヴン・コリンズ

☆crew------------------------------------
監督:マイケル・レーマン






☆ストーリー------------------------------------

 ロサンジェルスでスウィーツショップ経営するダフネ(ダイアン・キートン)は若くして夫と死別してから、3人の娘を育て上げた。ダフネにとって娘たちのしあわせな結婚だけが唯一の夢。姉2人は無事結婚し、あとは末娘ミリー(マンディ・ムーア)を行く末を案じるばかり。人気ケータリングショップでシェフとして働きながら、なかなか彼氏に恵まれないミリーを心配し、ダフネは内緒で花婿募集の広告を出すことに。たくさんの候補者の中から彼女のお眼鏡に叶ったのは、建築家の男性。偶然を装ってミリーに近づけ、二人をくっ付けることに成功したのもつかの間、ミリーはやはり偶然出会った子持ちのミュージシャンにも惹かれ始める。2人の男性と同時進行で付き合うことにしたミリーの恋の行方はいかに?そんな中、もうチャンスはないと思っていたダフネにも恋の予感が・・・。

e0110110_22282819.jpge0110110_22284249.jpg








☆感想----------------------------------------

 大御所の域にありながら、年をとっても相変わらずチャーミングなダイアン・キートン。その彼女が、全米のアイドルでもあるマンディ・ムーアと親子を演じた今作品は、ちょっぴり赤裸々なラブコメディー。

 原題の「Because I said so」というのは、娘たちに対するダフネの口癖。ニュアンス的には、「私が言うんだから、絶対よ!」といった感じで、その言葉からは彼女の過保護っぷりがうかがえる。とは言え、自分の娘の恋人を自ら品定めする母親って一体・・・。日本でも親が子どもにお見合いを勧める話はよくあるけれど、ここまでされると、正直ウザイとしか言いようがない。でも、自分が苦労をしてきたからこそ、娘たちには幸せになって欲しいという母親の気持は、女性として分からないでもなく、反発しながらも期待に応えようと、、母親がお膳立てした相手と付き合ってしまうミリーの気持ちもなんとなく理解できるものがあった。

 女性ウケしそうな邦題のせいもあってか、単純にハートウォーミングな母娘モノかと思いきや、その内容は、結構過激。娘たちのあけっぴろげすぎる男性経験や、母親の恋の話など、日本の親子関係では考えられないくらいの本音トークが炸裂。

 自分の人生にどこか満たされない気持ちを抱き、娘に理想を押し付けていたダフネが、女性としての幸せをもう一度知る事ができた時、ミリーにとっての幸せもまた何であるかを知ることとなる。誰かを幸せにしたいのなら、まずは自分から。この物語には、そんな人生をハッピーにするヒントがたくさん隠れている。

 ミリーを演じたマンディ・ムーアは、歌も演技も実力派の優等生アイドル。ちょっとイモっぽいルックスではあるのだけど、girl next door的なその印象とはじけるような笑顔がなんともチャーミングで、恋に不器用な等身大の女性を好演。

 正直、どこまでもハイテンションな母と娘の言葉の応戦には、ちょっとだけうんざりさせられるのも確かだけど、今流行の塩味スウィーツのように、sweet&saltyなこれまでにないテイストのラブコメディーを、ぜひぜひお試しあれ。


♪ pick up song ♪--------------------------------------------------------------------------

e0110110_2254026.jpgBecause I Said So
Black Horse And The Cherry Tree / KT Tunstall
  全米で大ヒットしたデビューアルバムにも収録されている KT Tunstallのこの曲は、劇中で使用されている。他にもサントラには、ポップな曲が満載。ちなみに、サントラには収録されていないが、予告編で流れていて印象的な曲は、Natasha Bedingfield の Unwritten 。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
[PR]
by mi-ai-you-me | 2007-08-02 22:57 | カ行

カレの嘘と彼女のヒミツ

 
ー愛する人に疑いを持ったら、どうしますか?ー


e0110110_2313191.jpg
 ☆cast--------------------------------------
 ブリタニー・マーフィ
 ホリー・ハンター
 キャシー・ベイツ
 ロン・リヴィングストン

 ☆crew--------------------------------------
 監督:ニック・ハラン
 原作:メリッサ・カーター





☆ストーリー--------------------------------

 憧れの女性キャスターとの仕事を夢見るステーシー(ブリタニー・マーフィ)は、現在“運命”のカレと同棲中。トークショーのアシスタントプロデューサーに転職し、恋も仕事も絶好調。しかしある日、カレから昔の恋人の話を聞かされた彼女は、同僚のバーブ(ホリー・ハンター)に煽られてカレの電子手帳を覗き見してしまう。ちょっとした興味から、次々と発覚する新たな事実。それは本格的な浮気調査になって・・・。

e0110110_23254141.jpge0110110_2326665.jpg








☆感想--------------------------------------

 彼氏の元カノ。知らなきゃどーでも良い事だけど、気になりだしたら止まらない。たいがいの女の子なら、そんな感じなのでは? しかも、彼がその彼女と今でも友達として続いていると知ってしまったら・・・。そこから先は、妄想と疑心暗鬼のオンパレード。自分でも分かっちゃいるのに、どんどんウザイ女へとまっしぐら。正直、ステーシーの行動には、そこまでするか?とは思いつつも、恋する女心を知るモノとしては、その気持ちが分からないワケでもなく・・・。
 
 主演のブリタニー・マーフィーは相変わらずコロコロ変わる表情が、なんともキュートで、今やラブコメには欠かせない存在。一見、ちょっとおバカそーな感じではあるのだけど、そこがまたカワイイ。
 
 作品自体は一見ラブストーリーの要素が強いけど、終わってみれば、意外や奥が深い。それまで、自分の計画通りに人生を生きてきた彼女は、初めての挫折を経験することで、たとえプラン通りに進まなくても、焦らない気持ちが自らを幸運へと導いてくれるのだということを学んでいく。言わば人生におけるサクセスストーリーみたいなものかな?一つの失敗から「成り行きを楽しむ」事を知った彼女には、ステキなハッピーエンドもちゃんと用意されていて、観ているこっちまで勇気をもらったよーな気持ちに☆
 
 少女マンガのようで、どこかほろ苦いラブストーリー。全ての迷える女子にぜひともオススメしたい作品。


♪ pick up song ♪-------------------------------------------------------------------------

e0110110_2331963.jpgReflections: Carly Simon's Greatest Hits
Let The River Run / Carly Simon
 ステーシーのお気に入りでもあるカーリー・サイモンのが歌うこの曲は、80年代「ワーキング・ガール」の主題歌として全米ヒットした名曲。
[PR]
by mi-ai-you-me | 2007-01-08 19:21 | カ行