2007年 06月 01日 ( 1 )

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ


ーやっぱお姉ちゃんは、最高に面白いよ。ー


e0110110_027132.jpg
☆cast--------------------------------------
佐藤 江梨子
佐津川 愛美
永作 博美
永瀬 正敏

☆crew------------------------------------
監督:吉田 大八
原作:本谷 有希子





☆ストーリー------------------------------------

 両親の訃報を受け、東京から田舎に戻って来た姉・澄伽(佐藤 江梨子)。女優を目指して上京したが、実は自意識過剰な勘違い女。そんな姉を題材にホラー漫画を描いて家族を町中の笑いモノにしたが為に、鬱屈とした日々を送る妹・清深(佐津川 愛美)。その義理の兄(永瀬 正敏)と兄嫁(永作 博美)も巻き込んだ、姉の帰省から始まる可笑しくて壮絶な姉妹バトルが今、幕を開ける!!

e0110110_0274181.jpge0110110_028994.jpg








☆感想----------------------------------------
 
 「劇団・本谷有希子」を率い、女優、作家、演出家とマルチな活動を繰り広げている本谷有希子。その代表作でもあり、戯曲や小説化もされている今作品をCM界でキャリアの長い吉田大八がメガホンをとり映画化。
 
 自信過剰で傲慢な姉・澄伽と、彼女に怯えながらも実はしたたかな妹・清深。その二人の板挟みになりながらも、ある事情から澄伽に強い態度を取れない義兄とウザイ程に超お人好しな兄嫁。そんな腑抜け揃いの家族が織りなす壮絶なまでのバトルが、ブラックユーモアたっぷりに描かれている。
 
 女優になれない事を、妹や、環境のせいにして、自分は特別な人間だと信じて止まない澄伽。正直、友達にはしたくないけど、嫌なヤツとも思えない。誰もが自分の中に持つエゴを丸出しにして生きる彼女には、見ていて気持ちの良ささえ感じると共に、彼女に虐げられ弱者のように見えてた妹の清深がラストで見せる本性にゾクっとさせられる。携帯の電波も届かないような片田舎が舞台の為、まるで金田一シリーズのようなある種独特の空気感が漂っているが、実は描かれているのは、どこにでもある家族の日常。もちろんここまで複雑ではないにしても、どこの家もいろんな事情を抱えているのがあたりまえなワケで、そんな人間たちの中で、一見一番まともで悩みがなさそうに見える兄嫁が逆に異質に見えるのがおもしろい。
 
 本谷有希子の文章から感じられる少しウェットで、リアリティのある世界観を期待すると、あまりに単純明快であっけらかんと仕上げてあるので、少し気が抜けてしまうのだけど、嫌悪感を抱かない程度のブラックなユーモアが満載で、最後まで小笑いしながら楽しめる作品になっている。6割くらいは彼女のおかげと言っても過言じゃないくらいおもしろすぎる永作博美の演技にも注目!
 

♪ pick up song ♪--------------------------------------------------------------------------

e0110110_295080.jpgとび魚のバタフライ
世界が終わる夜に /チャットモンチー
 脱力感のある外見とは裏腹にかなりパンチの効いた音を聞かせてくれるガールズバンド。映画のラストを飾るこの曲は、試写の際にナマで聴くことができたのだけど、かなりオススメ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by mi-ai-you-me | 2007-06-01 00:38 | ハ行