オフサイドガールズ


ーお願いだから、試合を見せて!。ー


e0110110_2221433.jpg
☆cast--------------------------------------
シマ・モバラク・シャヒ
サファル・サマンダール
シャイヤステ・イラニ 

☆crew------------------------------------
監督:ジャファル・パナヒ
脚本:ジャドメヘル・ラスティン 






☆ストーリー------------------------------------

 イランの首都テヘランで、ワールドカップ出場がかかった対バーレーン戦が開催される。地元のサッカー好きの少女たちは男装してスタジアムに潜り込もうとするが、警備中の兵士に捕まってしまう。

e0110110_22222614.jpge0110110_22224045.jpg








☆感想----------------------------------------

 「チャルドと生きる」で、現代のイラン女性たちが直面している厳しい現実をリアルに描き、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞などを受賞したジャファル・パナヒ監督。その彼の新作は、第56回ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞し、男性のスポーツを女性が観戦してはいけないというイスラムの戒律下で、サッカー観戦をすべく奮闘する女の子たちを主人公にした青春ムービー。

 イランの首都テヘランで開催された、2006年のワールドカップ出場を決めるアジア最終予選イランvsバーレーン戦。そんな国を挙げての大イベントだというのに、宗教上の問題から女性は、熱気に満ちたスタジアムで試合を観戦する事ができない。でも、好きなものは好きっ!どうしてもナマで試合を観戦したい女の子たちが、スタジアムへの道を遮る検問を突破すべく考えついたのは、男装すること。髪を帽子の中に隠し、顔にペインティングを施し、なんとか女性だとバレないようにするも、あえなく捕まってしまい、歓声だけが聞こえるスタジアムの外で警備員たちと押し問答するハメに。しかし、最初こそ険悪だった彼らの間にも、やがて奇妙な連帯感が生まれ始める・・・。

 イスラム教の厳しい規律によって、男女間における格差が生じているイラン。これまでも様々な作品の中でイスラム社会に生きる女性たちの苦悩が描かれてきたが、今回パナヒ監督は、伝統的なイスラム映画でありながらも、誰もが楽しめるエンタテインメント作品を目指したという。プロパガンダ的なものではなく、ありのままのイスラム社会における女性たちの現状を描いているこの作品は、実際にイランvsバーレーン戦の最中に撮られ、勝利の歓喜に酔う街中のシーンなどは、とても臨場感溢れるものに仕上がっていた。この作品の中の女の子たちのように、古い戒律からなんとか脱したいと願う女性が、現在のイスラム社会には多く存在しているに違いない。しかし、残念ながら、厳しい検閲によって、この映画はイラン国内では上映されていないというのが現状らしい。

 重いテーマでありながらも、最後にはなんとも言えぬ幸福感が満ち溢れ、「当たり前のことを当たり前にできる社会。」それがどんなに幸せなことなのかを、気づかせてくれる爽やかな感動作。これまでイラン映画はちょっと・・・と思っていた人、食わず嫌いせずにぜひぜひどーぞ。


♪ pick up song ♪--------------------------------------------------------------------------

今回は、お休みでス。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
[PR]
by mi-ai-you-me | 2007-09-21 22:26 | ア行
<< 食べて、祈って、恋をして 恋するマドリ >>