恋愛睡眠のすすめ


ー夢ではどこまでも幸せ。ー


e0110110_1921599.jpg
☆cast--------------------------------------
ガエル・ガルシア・ベルナル
シャルロット・ゲンズブール
アラン・シャバ
ミウ・ミウ

☆crew------------------------------------
監督:脚本:ミシェル・ゴンドリー






☆ストーリー------------------------------------

 新しい生活に期待を抱き、メキシコから母親(ミウ・ミウ)を頼ってパリにやってきたステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)。しかし、望んでいたイラストレーターの仕事には就くことができず、退屈なカレンダーの製版係として働く毎日にイライラは募るばかり。そんな矢先、アパートの隣の部屋にステファニー(シャルロット・ゲンブルース)というステキな女性が越して来て、ステファンはたちまち恋に落ちてしまう。空回りしっぱなし現実を、夢の中で補うステファンだったが、やがて、夢と現実の区別さえつかなくなり・・・。

e0110110_1923770.jpge0110110_19232476.jpg








☆感想----------------------------------------

 永遠の少年ミシェル・ゴンドリーが今回メガホンを取ったのは、なんともファンタジーなラブストーリー。最後まで彼の世界観が炸裂しっぱなしの映像とストーリーなので、観る人によっては好き嫌いがハッキリ分かれてしまうかも・・・。
 
 何をやってもいまいち冴えないステファンだけど、夢の中では全てが彼の思うがまま。彼の想像する世界は、いい大人の男性とは思えない程、やけに可愛くて、奇想天外。しかも、夢と現実が混同するあまり、仕事さえ放棄する始末・・・。こんな人、同じ職場にいたら相当迷惑に違いない。そんな困った彼を母親のようなやさしさで包み込むのは、隣の部屋のステファニー。それにしても、このステファニー、ちょっと理解がありすぎる。留守中、壊れた人形を修理する為に彼女の部屋に不法侵入してみたり、他の男性と話してるだけで、激しい焼きもちを焼くステファンに困惑しながらも、結局は許してしまう。彼女の母性が強いからなのか?それとも、彼女自身もステファンと同じ何かを感じているのか?
 
 ステファンが見る夢は、POPな映像のせいもあってか、遊園地みたいで、どこまでも楽しそう。でも、そんな思い通りの夢を見ることができても、現実の彼自身はちっともハッピーじゃない感じ。確かに、生身の人間なのに、現実より夢の世界がリアルに思えるなんて、なんだかちょっと悲しい・・・。全体を通して、ファンタジーとシュールさが程よい感じに混ざり合っていて、笑いどころにちょっと困ってしまう部分もあり。
 
 自身の幼児期の体験や恋愛を元にこの作品を撮った話すミシェル・ゴンドリー。だとすれば、彼のアタマの中って一体どーなってるのか、ますます気になるところ。きっと、デヴィッド・リンチ並に複雑に違いない。この作品にも答えとか求めちゃいけないんだろナ。
 
 演じるガエル・ガルシア・ベルナルは、彼の作品にしてはめずらしくコミカルな役どころ。しかも、あのラテン顔でフランス人とのハーフっていうあたり、かなりムリがあって逆におもしろい。いつもは、顔もキャラもやけに男前なのに背丈が・・・的な印象の彼だけど、このステファン役は、意外にもしっくりきていた気がする。シャルロット・ゲンブルースは、言わずもがな今回もカッコよく、きっと本当の彼女ならステファンのような男性は相手にもしないんだろうと、ちょっと思ったりもして。
 
 あんまり難しいこと考えずに、おもちゃ箱のようなミシェル・ゴンドリーワールドをぜひ楽しんで!
 

♪ pick up song ♪--------------------------------------------------------------------------

e0110110_1924564.jpgThe Science of Sleep [Original Film Score]
If You Resuce Me / Gael Garcia - Bernal - Alain
 夢の中で、ステファンと会社の同僚が猫の着ぐるみでバンドを組むのだけど、彼らが歌うのは、なんとも甘いラブソング。サントラも映画同様ポップでキュートな曲が満載!
[PR]
by mi-ai-you-me | 2007-05-08 19:32 | ラ行
<< ママの遺したラブソング バベル >>